totobigの結果発表について

totobigは高額当選くじです。サッカーの試合結果をコンピュータがランダムに選択しますので
14つの数字が試合結果と全て一致したら見事一等当せんです。

 

自分で予想する必要はなく初心者にも買いやすい宝くじなのです。

 

ネットやコンビニで簡単に購入することができますので最近とても注目されています。

 

totobigの結果発表はインターネットやスマートフォン、
携帯電話、新聞、電話、コンビニなどで知ることができます。

 

インターネットでくじを購入した場合はログインするだけで簡単に結果がわかります。

 

またコンビニで購入した場合でも公式サイトの当選確認サービスを
利用すると簡単に調べることができます。

 

くじに書いている開催回とくじの種類、照会番号を入力するだけです。

 

インターネットに自信のない方でも新聞に結果がでていますので、自分の持っているくじの
開催回と数字を照らし合わせるだけで大丈夫です。

 

またコンビニにおいてある端末機でも調べることができます。

totoのbigくじ 1等の仕組みとは

totoが販売しているbigくじには3種類ありますが、そのうち最も基本的なくじの1等は、最高額6億円となります。

 

2013年の当選した実績は31本となり、確かな信頼があります。

 

その他の1等は、1000万円くじと100万円くじがあります。

 

これらの仕組みは、指定されたサッカーの各試合の90分間の結果をコンピュータがランダムに選択します。

 

この組み合わせが、チケットと同じなら当選です。9から14個の数字を予め選んでおきます。

 

また、totoのbigくじはキャリーオーバーとなります。これは、抽選して1等が出なかったり配当金が余った場合は、次回にその金額を持ち越すというものです。

 

そのため、最高6億円が当たるbigくじでは、その可能性が高いです。

 

このbigくじを購入するには、最寄りのjコンビニやtoto売り場で購入するかインターネットでも買うことができます。

 

特に、インターネットの場合はJリーグの試合が始まる10分前まで購入できます。"

toto big 2等の配当金は

宝くじが好きなひとにおすすめなのが「big」や「toto」です。

 

ロトと同じ高額当選くじでも知られ、どちらもサッカーの試合の結果を予想するものです。

 

サッカーに詳しいひとであれば、totoで細かく予想して一等を目指してみるのも良いですが、初心者であれば好きなチームだけ予想してみると当たりやすいです。

 

よくtotoとbigの違いがわからないと聞きますが、totoは自分で好きな数字を買うことができますが、bigはコンピューターが選ぶランダム予想しか買うことができません。

 

またtotoは自分で数字を選ぶ以外にもコンピューターが選ぶランダム予想も買えます。

 

bigは最高6億円も当たるくじなのでサッカーを知らないひとも買ってみたくなります。

 

よく一等が6億と話題になりますが、2等や3等なども、もちろんあります。

 

一等が6億とあるので2等もかなりの高額と思うひとも多いですが、一等に比べると格段に低く、200万円から300万円代というのが平均配当のよう
です。

 

また1等に比べると2等や3等は当たりやすいということもわかっています。

 

それぞれの楽しみ方でぜひ高額当選を目指してみてください。

 

totobigは6等でも当たったら嬉しい

totobigは、1等から6等まであります。

 

そのため、日常的に購入している人であれば、5等や6等ぐらいなら何度も当たった経験があると思います。

 

totobigは、確かに1等6億円が最大の魅力ではあります。

 

購入している人のほとんどが、その6億円を夢見て買っていると思います。

 

ただ、たとえ5等や6等であっても、当たったらそれなりに嬉しいものです。

 

6等の場合は500円、5等の場合は1500円程度ではありますが、それでも当たった時には、何だかちょっと微笑ましくなるのです。

 

やっぱり、宝くじというのは当たった時の喜びを味わうものですし、1等だけが決して全てではないのです。

 

それに、たとえ数百円程度でも、そのお金でまたtotobigが買えるわけですから、6等でも当たるに越したことはないのです。

 

小さい当たりを積み重ねることで、いずれ大きい当たりに巡り会えるかもしれないわけですから、当たった時は6等でも素直に喜びましょう。

totobigの当選金は課税されるのか

totobigに当選した場合、その当選金に関しては課税されてしまうのでしょうか。

 

例えば、競馬や競輪などの公営競技の場合は、一定金額以上の払い戻しを受けると、課税の対象となります。

 

しかし、totobigやあるいは宝くじの場合は、どれだけ高額な当選金を払い戻した場合でも、一切課税されることはないのです。

 

totobigや宝くじの場合は、購入している時点ですでに多額の税金を支払っているのです。

 

そのため、当選したからと言って改めて税金を支払う必要は一切ないのです。

 

たとえ1億円以上の当選金を受け取ったとしても、1円も税金を支払うことはありません。

 

ただし、当選したお金を誰かに贈与してしまうと、贈与税の対象になってしまいます。

 

あるいは、当選したお金をそのまま銀行に預金した場合、それによって発生した利子に関しても、課税対象になってしまいます。

 

要するに、当選金そのものには税金はかかりませんが、当選金によって別の収益が発生した場合などは、税金の対象になる可能性があるわけです。

totoのbigに当選した場合の払い戻しについて

totoのbigに当選した場合、どのようにして払い戻しをしてもらえるのでしょうか。

 

totoのbigに関しては、インターネットで購入するか、宝くじ売り場やコンビニで購入するか、いずれかとなります。

 

まず、インターネットでtotoのbigを購入した場合は、登録している口座にそのまま振り込まれます。

 

他のサッカーくじや宝くじに関しても、インターネットで購入したのであれば、当選金は口座の方に振込まれるのです。

 

次に、宝くじ売り場やコンビニなどで購入した場合は、当選した時には宝くじ売り場やコンビニで払い戻ししてもらうことになります。

 

ただし、当選金額が10万円を超えた場合には、指定された信用金庫で払い戻ししてもらう必要があります。

 

さらに、当選金額が50万円を超えている場合には、即日には払戻金を受け取ることはできず、数日程度の手続きが完了したのちに、受け取ることができるのです。

 

したがって、払い戻しだけでなく、購入する時の利便性も考えると、インターネットの方が便利だと言えます。

bigやtotoが当選したら換金しよう

宝くじと同じような物がbigやtotoと言ったものですが、そういったものが当たる確立というのは誰にも分からないことですが、うっかり当たってしまうととても嬉しいですよね。

 

金額が少なくても、当たる可能性があるのであれば、それを信じて購入する人も居るのではないでしょうか。

 

当選したらどこへ持っていくのかということですが、購入したお店に持っていくとその分渡してもらえます。

 

金額が多いのであれば、銀行にて換金が可能ですので当選しているものがあるのであれば、持って行って換金しましょう。

 

bigやtotoというものを買うのは、一枚から購入することが出来ますので、遊び感覚で楽しむことが出来ますので、是非ともやったことがないのであればやってみてください。

 

一枚の紙切れが、一攫千金出来たら嬉しいことですよね。

 

一度高額当選してしまうと、またやってみたいとなりますので、やり過ぎることのないように気をつけることも必要です。